幕張北口整骨院ブログ

自律神経

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

悩みタイトル

今回は自律神経失調症について説明していきます。
自律神経失調症によって起きる症状は様々なものがあります。

腹痛、食欲不振、吐き気による嘔吐など消化器系の症状
頭痛、めまい、不眠症などの頭周りの症状
動悸、呼吸困難、息切れ、不整脈や血圧の異常など循環器系の症状
肩こり、腰痛、むくみ、手足の冷えなど体の節々の症状
だるい、疲れやすい、集中力がないなど日常の活動に支障が出てしまう症状
またイライラする、憂鬱感、不安感、など精神的な症状もあります

他にも自律神経によるもので原因が分からないのに下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群や朝起きるのが辛くなかなか起きることができない起立性低血圧症などの症状があります。

自律神経失調症に対する自院の考え

次に自院の自律神経失調症に対する考えについて説明します。
まず自律神経について説明します。自律神経は交換神経と副交換神経があります。
よく交換神経は戦闘状態、副交換神経は戦闘に備えた状態と言われます。
現代に置き換えると交換神経は仕事や運動などの活動状態、副交換神経は食事、睡眠などのリラックス状態です。
交換神経と副交換神経はバランスが大事なのでこの2つの神経のバランスを正しい状態に調整して行く必要があると考えています。
例えば仕事が忙しくなかなか睡眠時間がとれない、食事もゆっくり取れないと交換神経が優位な状態になります。
逆に昼まで寝てしまっている、運動などをあまりしないと副交換神経が優位になってしまいます。
このような生活習慣の乱れからくる自律神経の乱れやストレスなど精神面からくる自律神経の乱れもあります。
なので自律神経の不調は自院の治療で正しい自律神経のバランスを取ることと、ご自身で生活習慣の見直しや、ストレスをためない工夫など自律神経が乱れないよう予防する事も必要だと考えています。

自律神経の不調を放っておくとどうなるのか

次に自律神経が乱れた状態を放っておくとどうなってしまうか、についてです。
活動状態の交換神経とリラックス状態の副交換神経が乱れると、仕事などの活動中に副交換神経優位のような状態、リラックス自に交換神経優位のような状態になってしまいます。
例として消化器系でいくと、正常では活動時の交換神経優位では腸の動きは抑えられ、睡眠時など副交換神経優位時に腸の動きは活発になります。
乱れてしまうと仕事中に腸が動きトイレに行きたくなってしまうなんて事になってしまいます。
逆にリラックスしている時間帯なのに自律神経は交換神経優位で胃や腸の動きが悪く栄養が吸収できない、腸が動かず便が出ないといった事が起きてしまいます。
他にも寝ようと思っても交換神経が優位で興奮状態にありなかなか眠れないなど生活に支障が出てしまいます。

当院の自律神経に対する施術とは

当院の自律神経失調症の症状に対するアプローチは、主に三種類あります。
一つは頭蓋骨矯正治療。二つ目は眼精疲労回復治療。三つ目は全調整鍼です。
頭蓋骨矯正治療は、骨格の歪みで起こった頭蓋骨の小さなずれを元の位置に戻し、筋肉をゆるめていく治療です。頭蓋骨の歪みを見ながら、痛気持ちい程度のマッサージをして、頭部の血流をよくしていきます。
眼精疲労回復治療は、目の上にホットアイピローを乗せて目の周りを温め、その後頭皮から目の周りをマッサージしていく治療です。さらに目のツボにパットを貼り、微弱な電気を流します。必要であれば骨格矯正も加えていきます。
全調整鍼は、お体の自律神経の乱れは内蔵からの乱れと考え、内蔵とリンクする手足の ツボに鍼を打ち、全身の気血の流れをよくして不調を取り除く治療です。からだ不調は中身からという東洋医学に基づいた治療となります。

その施術を受けるとどう軽減するのか

自律神経の乱れの一つに、頭蓋骨内の血流や脳せきずい液の流れの悪さがあります。頭蓋骨矯正は歪んでしまった頭蓋骨の小さなズレを元に戻すことにより、頭の中の血管などの圧迫を開放します。またマッサージ手技によって硬くなってしまった筋肉を緩めることによってリラックス効果が得られ、睡眠の質の改善や、頭痛の改善に繋がっていきます。
眼精疲労回復治療では、主にデスクワークやスマホを多く使う方に適した治療です。目の周りの筋肉を温めほぐすことで眼精疲労を改善し、頭痛の改善やリラックス効果が得られます。
内蔵の不調は、身体に様々な悪い変化をもたらします。内蔵から整えていくのが全調整鍼です。例えば、精神的に緊張する事が多くあると、胃が痛くなると思います。ストレスによって胃が荒れ、消化吸収がうまくできなくなると、栄養不良に陥り、各細胞に栄養がいき渡らなくなり体が上手く休めず、睡眠障害、風を引きやすくなる当の不調が起こってしまいます。どの臓器が悪くなっているのかを見極め、鍼治療によって身体の内側から改善をしていきます。

施術頻度はどのくらいか

治療頻度は最低でも週2回程度の治療を推進いたします。
理由としましては、治療してから次の治療までの間隔を長く開けて しまうと、効果が薄れてしまうからです。施術をしたあと、一時的に体は楽になりますが、残念ながらそれを長時間キープするだけの力はありません。身体にとっていい刺激を加えた後、その効果がまた切れてしまう前にまた同じような刺激をいれ、身体の右肩上がりにしていくのが理想とされています。
ですが人によって症状の出る部位や重さなどは違いますので、スタッフと相談しながら決めていただくこととなります。

幕張北口整骨院のご案内

住所:〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町6-114 【電話】TEL:043-274-7211

TOPへ戻る