幕張北口整骨院ブログ

膝の痛み

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     膝が強ばる、つっぱり感がある
     歩行開始時や、階段の昇り降りでつらい
     歩行中常に痛む
     膝の曲げ伸ばしが困難
     膝の中でガクガク音がする

    膝痛というのは膝関節の痛みです。この小さな関節に体重の負荷がかかりますが、つるつるしている軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。
    しかし、加齢による骨の新陳代謝の低下や軟骨へのストレスで膝痛が起きてきます。とくに脚の内側の筋肉が弱くなってくると、膝関節が不安定になり、膝痛の原因になるのです。また、運動不足なども密接に関係してきます。

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    膝痛の原因は大きく分けて筋肉と骨格に原因があります。
    運動不足や加齢などで筋肉が衰えることにより上記で説明したように、膝関節の安定性が崩れてしまい日常動作で常に負荷がかかってしまうことになるのです。
    一方、私たちの関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。その軟骨が加齢とともにもろくなり、欠けたりすり減ったりして、周囲に炎症を起こすのです。
    だから、家で膝周りの筋肉を鍛えてあげるだけでも膝周りの関節が安定し膝周りにかかってくる負担というのも軽減されます。
    そしてもう一つ膝の痛みがでる特徴の一つでO脚の方に多く見られます。
    O脚の状態は、どうしても膝の内側に負担がかかります。O脚は自然には治りませんから、この状態が長く続くことになり、関節軟骨は部分的にすり減り、骨どうしはこすれ合う状態になってしまいます。痛みもどんどん増してくるのです。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    体の他の部位の痛みに比べて、あまりに軽視されていると言わざるをえないひざ痛。その背景には、「もう年だから痛むのは仕方がない」「我慢していればいい」といったあきらめのような気持ちがあることが推測されます。
    しかし、「たかがひざ痛」と放置しておくと将来的に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。
    その一つとして、骨壊死があり歩行困難に陥ってします可能性があります。関節の軟骨がなくなり、骨が露出するため、骨同士が直接こすれ合います。関節が硬くなり、変形も進行しわ痛みが強い場合は、人工膝関節置換術などの手術も必要になってしまいます。
    そしてO脚はさらに進み手すりや杖なしでは歩くことが難しくなり、外見でも著名に症状がみられます。
    しかしそのO脚は自宅でも簡単に予防、軽減することはできます。
    O脚の特徴として外側の筋肉が硬く引っ張られ内側の筋肉が弱いので内側の筋肉を鍛えることをお勧めします。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    まず、痛みが出たら早めの受診が1番の改善方法です。筋肉性の膝の痛みであれば筋肉の怪我をしているところを治療し痛みを取ることをする必要があります。そして、中高年の方の膝の痛みで圧倒的に多いのが変形性膝関節症です。膝の軟骨がすり減って起こる症状ですが普段の身体の使い方などが関わってきます。そう言った生活習慣を整骨院では指導しながら治療し、運動療法などを用いたりして改善していきます。治療や運動をすることで膝関節を支える筋肉が鍛えられ、膝がしっかりと安定して、関節への負担を減らしていくことができます。膝を正しく動かすこと血行がよくなり、痛みを起こしているところの修復が早くなったり、運動にっよて体重が減り、膝への負担が減少していきます。そういったことを長く続いていくと効果をすることができます。

  5. 膝痛改善のためにおすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    当院では膝の痛みに対する治療として手技療法や鍼治療を行い浅い層の筋肉や深い層の筋肉を緩めていきます。鍼が苦手な方でも電気治療で緊張している筋肉や硬くなっている筋肉を緩めたり、ほぐしたりしていきます。また、筋肉をあまり使わず細くなってしまったところや、筋力が足りないところにEMSという寝ているだけで筋トレが出来る機械で電気刺激による筋トレをおこなって行きます。筋トレが苦手な方にオススメです。そして、O脚になっていたり骨格が歪んでいたりして痛みが出ている場合には矯正治療を行い、根本的な痛みの原因突き止めながら治療していきます。症状の出方にも人それぞれのありますがその方にあった治療をお話を聞きながら提案させて頂きます。

  6. 治療頻度その治療を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    まず、手技治療を受けうことで表面から近い筋肉を緩めることができます。次に鍼治療により奥深くにある指では届かないようなところにある筋肉に傷をつけ筋肉の回復能力を高めていき痛みを感じているところを修復していきます。電気療法であれば電気的刺激で筋肉を緩めていきます。骨格の歪みがある場合は、矯正治療で骨格を正しい位置に戻すことで筋肉も正しい位置に戻り、正しい身体の使い方をできるようになります。そうすることで、日常生活の中でかかってくる負担を取り除くことができ痛みの緩和と再発しにくい身体を作っていきます。ここまで治療してもそれを支える筋肉が足りなかったり、弱っていると元に戻りやすくなってしまうのでそこでEMSを使って筋トレをしていき、痛みの出にくい身体へとしていきます。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    ストップウォッチ

    理想の治療頻度として週に最低でも2回治療していくことが必要になってきます。膝周りの筋肉の緊張を取り膝にかかる負担を叙々に取って行きますが、治療は毎日やっても大丈夫です。また、筋力をつけながら治療をしてを同時進行で行っていくので、筋トレで筋細胞を破壊して間を開けて休ませて回復させるという過程で負荷に耐えられるような強い筋肉を作り上げていきます。休ませるということも大事なので筋トレに関しては1日〜2日空けて行なっていきます。

幕張北口整骨院のご案内

住所:〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町6-114 【電話】TEL:043-274-7211

TOPへ戻る