悩みタイトル

肘の痛みにより日常生活の中で不便なことがたくさんあります。例えば
①肘の曲げ伸ばしができなくなるだけで、朝起き上がる時に手をつくと肘に痛みが走り、起きるのにも時間がかかる。
②物を取るときに手を握ると肘に痛みが走り物を掴むのも困難になってしまう。
③洗濯物を干すときなど上にある物を取るときなど、肘にを伸ばすと靭帯が牽引され痛みがでる
④筋肉や靭帯だけでなく、筋肉の硬さからも痛みにつながるため、常にダルさがある。
⑤肘は筋肉や、靭帯がついていて使用頻度の高い関節なので、軟骨のすり減り、また靭帯の断裂など子供から大人まで幅広くの年代の悩みになります。

肘の痛みに関する当院の考え

肘とは上腕骨、橈骨、尺骨、靭帯と複数の筋肉で構成されている複雑な関節になります。
主に手の肘の関節が腫れている、関節が熱を持っているように感じるなどの症状により動かすと痛い、動かさなくても痛い場合があります。同じ動作を繰り返すことで肘関節を痛め、症状が悪化することもあります。物理的刺激や強い力が加わり、靭帯が伸びたり、切れたりして、動かすと痛みがある、痛みが強く動かせないなどの状態があります。考えられる症状として、骨折、テニス肘、野球肘、変形性関節症などがあるため一つ一つ丁寧に検査法を行い、その患者様に合った施術を提案していきます。

肘の痛みを放っておくとどうなるのか

肘の痛みと一言で行っても症状はさまざまあります。
例えば野球肘は野球選手に多く、悪いフォームによる長期間の投球や、投げ過ぎなどで肘に負担がかかることによって起こります。上腕骨がまだやわらかい小学生〜成長期に多く、上腕骨が内側障害を起こします。高校生〜社会人の野球肘は、上腕骨ではなく肘の内側に大きな負荷がかかり、靭帯が痛むことによって起こりやすくなります。
初期の頃は投球時に肘の痛みを訴え、肘の引っかかりや、肘の動きが悪くなるなどの症状が出てきます。また長期間の放置により離断性骨軟骨炎という症状になり治療から復帰まで半年〜1年ほど施術に時間がかかってしまいます。

肘の痛みの解消方法

普段の生活の中で肘の痛みで困っている方や、どう対策したらいいのかわからない方が多くいます。
肘の痛み、痛みは原因によって異なります。野球や、テニスのし過ぎや、加齢、肘へ直達外力、介達外力などが原因でひじに痛みがでます。このような症状の軽減方法として、まず肘を極力動かさないことや、無理な姿勢をとらないなどがあります。
肘をを使いすぎることでしびれや、強い痛みなど悪化してしまう可能性があります。普段の生活や、仕事でどうしても使ってしまうので、肘のサポーターや温めることで痛みを緩和する事ができます。身体を冷やしてしまうことで筋肉が固まってしまうので身体を温めることも大事です。

肘痛軽減のためにオススメする当院の施術メニューとは

肘の痛みに対しての当院のメニューとしてまず、痛みの原因となっている筋肉の硬さや、痛みに対しての施術が効果的です。
まず痛みを取る施術としてインテレクトを行います。まずは痛みをとっていかないと、日常生活や、仕事へ支障をきたしてしまうため、少しでも患者様の痛みの緩和をすることが重要です。また筋肉により痛みがでてる可能性もあるため、症状をしっかり確認、検査をしたあと鍼治療も一緒に提案します。周りの硬くなった筋肉を緩めることも重要になります。
それを軽減できるメニューとして鍼が効果的です。指ではほぐしきれない奥の筋肉を緩める事ができるのでインテレクトと一緒にやる事がより効果的です。

その施術をうけるとどう楽になるのか

まずインテレクトは痛みをとる施術になるため、症状の聞き取りをしっかり行い施術していきます。
鍼療法は関節炎などの炎症から患部に集まっている血液を健康な部分に移動させることで、炎症を鎮める作用が起こります。血管を拡張させ、血行を促す働きが起こるため免疫力の活性作用もあります。施術後は比較的に肘が曲がらなかった方や、痛みが強かった方は、痛みの緩和、肘の可動域が向上する方が多いくいらっしゃいます。一度の施術で症状の緩和に繋がりますが、継続して続けていくことが重要です。

軽減するための施術頻度は

施術頻度は症状によって異なりますが、肘の痛みの原因である筋肉の硬さや、痛みを軽減するためには、まず痛みを取るのには最初は来られるのであれば毎日でも来ていただくことが、症状を軽減していく近道になります。

また毎日通っていただくと痛みが少しずつ取れてくるので患者様にペインスケールを聞き、それに応じて来院ペースをこちらから提案します。