悩みタイトル

皆さんは、夜ぐっすりと眠ることができますか?
今の季節は体が芯から冷えて、きちんと眠れない方が多くいらっしゃいます。
夜なかなか寝付けない
夜中に起きてしまう
朝起きたときのスッキリ感がない
寝たはずなのに疲れがとれない
いびきをかいてしまう
夢をよくみる
日中のあくびが止まらない
など、これらに当てはまる人は「不眠症」の可能性があります。

不眠症に対する当院の考え

そもそも不眠症とは、本来ゆっくりと体を休める夜の時間に、何らかの原因によって神経が興奮してしまい、思うような睡眠の質が取れないことをいいます。
主に入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害の4つのタイプに分けられます。
不眠症に陥ると、夜に眠れないだけでなく、日中の生活パフォーマンスの質も下がってしまいます。一日中体がだるい、集中力が低下する、記憶力が落ちる、ボーッとしてしまい仕事の能率が下がる、眠気がとれない、気持ちが憂鬱になるなど、体にも心にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。中には眠れないために、睡眠にこだわり余計に眠れなくなってしまう、なんて悪循環もあります。
不眠症は子供には少ないようですが、働き盛りの20代に始まり、加齢とともに増加する傾向にあるようです。

なぜ不眠症になるのか、その原因

ではなぜ不眠症になるのか、考えてみましょう。
普通の人でも心配事があったり、緊張することがあれば、一時的に眠れなくなることはよくあります。通常はそれらの問題が解決すれば自然と解消されていきますが、眠れない状態が長く続くと「不眠症」と診断されてしまいます。
原因は様々です。外の騒音、いつもと場所が変わる、暑さ寒さなどの環境、生活リズムの乱れ、心の病気、薬の副作用、体の過度な疲れや冷えからくるもの、喫煙やアルコール、カフェインの過剰摂取などたくさんあります。これらは原因によって対処法が変わってきます。そして前述した通り、眠れないことが焦りとなり余計に眠れなくなってしまう悪循環に陥り、自分の力ではどうすることもできなくなってしまうのです。

不眠症の軽減方法

不眠症の改善方法には原因を突き止めることが大切ですが、ここでは比較的簡単にできる改善方法を紹介します。
1、ストレッチの習慣をつける
日中、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると、首肩回りが凝り固まってしまい、脳への血流が悪くなってしまいます。一時間に一度は伸びをする、ストレッチをするなどをして首肩回りの血液の流れをスムーズにしておきましょう。
2、適度な運動習慣をつける
適度な運動習慣は安眠を誘います。脳は疲れていても、体が元気で眠れない、なんてことは、よくあることです。
3、マッサージ治療や鍼治療を受ける
ストレッチや運動習慣がつけられない人は、マッサージや鍼治療で深部の筋肉を緩めてあげることをおすすめします。自分では届かない奥の筋肉やツボ刺激をしてあげることで、体が強制的にリラックスの状態になり、よく眠れるようになります。

当院オススメの軽減メニュー

当院でおすすめする不眠症を改善するメニューをご紹介します。
1、頭蓋骨矯正
顔と頭の骨と筋肉を手技によって動かしていきます。歪んだ頭蓋骨は血管や神経を圧迫して脳への血流を阻害するため、頭蓋骨と筋肉を緩めて圧迫を取っていきます。
2、部分鍼
首肩、肩甲骨周りに鍼治療を行うことによってツボ刺激となり、脳への血流を促進したり体の緊張を取り除いていきます。
3、全調整鍼
自律神経のみだれを改善し、睡眠の質を上げる鍼治療です。東洋医学的にお体を診断し、内蔵の疲れを改善させることで全身の気血の流れをスムーズにして睡眠の質を向上させます。
これらはほんの一部の紹介なので、不眠症に悩む方は一度スタッフにご相談ください。

施術頻度はどのくらいか

当院で紹介した不眠症治療は、基本的に最初のうちは週に2~3回受けていただくと効果的です。施術効果が切れる前にまた同じ刺激を入れることで、良い刺激の積み重ねをしていきます。だんだんと改善傾向が見られてきたら、週に1回、10日に1回など間隔を空けていくのが理想的です。これに加え、ご自身でのストレッチや運動習慣をつけていただくとさらに効果的です。